消費者金融の金利は値下げすることはできるか?

消費者金融の金利は値下げすることはできるか?

消費者金融ごとに規定は異なりますが、金利を安くしてもらえる場合もあります。なぜそのようなことができるのでしょうか?契約とは最後までそのまま変えることができないと思われがちです。しかし、双方の同意があるなら見直しされることがあります。つまり、消費者金融と契約者が、互いに金利の値下げを同意するならその時点で契約を更新することができるのです。この場合、お互いの同意と言っても金利の値下げの決定権があるのは消費者金融ですが、契約者が金利が安くなることを望んでいるので消費者金融側が認めるかどうかに全てがかかっているということができます。実際に消費者金融で金利の値下げが行われた方の傾向をみてみると、何らかの審査が通り、優良顧客として認められている人と言うことができます。では、金利を引き下げるタイミングはいつでしょうか?一般的には、借り直しの際に行われる審査で金利が変わることが多くなっているようです。なぜなら、もう一度新たに契約を結ぶので、金利を変えやすいといえます。また、利用者の返済実績を査定するきっかけにもなるので金利を引き下げるベストなタイミングと言えるでしょう。
また、消費者金融によっては3カ月や半年といった一定期間ごとに、自動的に金利が変化するところもあります。金利引き下げと同時に利用限度額も変わる場合もありますのでWEB上で確認することもできるでしょう。また、ハガキで連絡が来る場合もあるので人のバレるのが嫌な方は申し込みの際に確認してみることができるでしょう。