借入限度額は申込者次第ということ

カードローンの借入限度額は、借り入れる金融機関によっても多少差が生じることがありますが、基本的には申込者の年収の金額に大きく左右されることになります。
なぜならば、貸金業として登録されているカードローンおすすめ会社や、クレジットカードのサービスを提供している信販会社には総量規制というルールを厳守することが貸金業法で義務付けられており、そのため、カードローンに申し込んだ人の年収の三分の一を超えるような金額のお金を貸し出してはいけないことになっています。
そのため、カードローンの借入限度額が申込者の年収の三分の一より、勤続年数が半年以下で短いなどマイナス要因によって引き下げられることはあっても、引き上げられることは審査結果にいくらプラス要因があったとしても、あり得ません。
また、銀行など総量規制がない金融機関からお金を借り入れる場合であったとしても、年収の金額は審査のときに返済能力を判断する重要な要因となりますので、審査結果によっぽどのプラス要因がなければ、年収の三分の一より大幅に超えた金額の借入限に度額が設定されることは少ないといえます。
ただし、年収がない専業主婦などにとっては消費者金融会社では一円も借りることができないため、借り入れることができる金額は金融機関によって大幅に変わるということになります。
しかし、安定した収入を得ている人にとってはカードローンの借入限度額は申込者の年収の金額次第であるということがいえます。